Team♡KATSUYA ラブログ

勝屋 久 & 勝屋 祐子

浜田謙さん(Bros Japan 代表取締役:福井県鯖江市)- この地!この人!

浜田さんとは福野泰介さん(jig.jp 代表取締役社長)とのご縁で数年前に鯖江で初めてお会いしました。そして、今年になって、友人の浜田寿人さんVIVA JAPAN 代表取締役社長)との日本が誇る名工チームBJ Classic Collection x 越前漆職人 x 勝屋久プロデュース〜鯖江眼鏡プロジェクト」で急速に浜田謙さんBros Japan 代表取締役福井県鯖江市)のことを知り、仲良くなりました。知れば知るほどホントスゴい人だなと驚かされます。

9月8日福井県勝山市の自然農法の滝本幹男さんと一緒に。左が浜田謙さん(Bros Japan 代表取締役福井県鯖江市)。浜田さんが滝本さんの想いと行動力に感動。数年前から支援をしています。

f:id:katchamans:20130908144739j:plain


浜田さんはもともと大手食品会社で新製品開発を行っていましたが、息子さんがアトピーになったことで心から安全、安心で子供に食べさせることができる食品かどうかで葛藤し、悩んだあげく、会社を退社。奥様 優子さんの実家が歴史の眼鏡製造会社を福井県鯖江市で営んでいることから、達人的技術を持ち、眼鏡作りに自分の魂をぶつける眼鏡職人さんと出会う事になり、ホンモノが少なくなっている世の中でホンモノの眼鏡をより多くの人に感じてもらえるようにとご夫婦でブロスジャパンを立ち上げました。世界最古の眼鏡メーカー、アメリカンオプティカルの日本総代理店として発足し、大量生産に向いた他国製の商品があふれかえる今日において、忘れられつつある職人達の技術や魂を再び蘇らそうと、2004年10月にBJ Classic Collectionを立ち上げ、右肩上がりで拡大しています。

NHKの連続TV あまちゃんに出演している水口琢磨役こと松田龍平さんがしている眼鏡はBJ(Bros Japanの略)です。歌手の絢香さんがしている眼鏡もBJ、、、などなど有名人が雑誌やTVでBJをつけているそうです。あの韓国のスターヨン様はプライベートでBJを愛用しているそうです。

僕も数ヶ月前からBJ - katchamanモデルの眼鏡をかけていますが、装着感がすこぶる心地よいです。実は浜田さん自身がデザインを厚紙を張り合わせて、自分で作り、違和感がないかを思考錯誤しているのです。実際の製造工程も職人さんはここまでやるのかと驚かされます。(参考までに http://www.viva-jp.com/jetset/ItemDetail/14828

僕が浜田さんのスゴいと思うところは、
・自分の心に従って生きていること
・お客様に最高なものをお届けするため、ホンモノつくりにかける情熱と完全性へ目指す姿
・新しいことに対して好奇心の旺盛さと実行力
・本業以外の交友関係の広さ
まさに日本人の大切なものを兼そろえている方です。そして右脳と左脳のバランスもとれて、まさに愛ある創造者と思います。

食にも関心があって、日本中の志が高く想いのあるホンモノの農家を応援しています。
http://www.rakuten.co.jp/satono-okurimono/

 

また、浜田さんと仲が良い4名の鯖江のキーマンにも浜田さんの魅力についてお聞きしました。(そのまんま、掲載します)

鯖江市のITムーブメントを創り出している福野泰介さん(jig.jp 代表取締役社長)は浜田さんの魅力をこう語っています。

「飽くなき挑戦とスピード。食品メーカーから一流眼鏡ブランドへと華麗な転身を決め、漆器産業との融合、電脳メガネのカスタマイズなど新しい取り組みを驚きのスピードで実現!」

同業界の田中幹也さん(田中眼鏡 代表取締役は浜田さんの魅力をこう語っています。

「浜田さんは、 リズムが心地よいと言うのでしょうか、お話ししていても落ち着いて会話ができる方です。 同じ業界人としてこれほど心強い方は他にはいません。メリハリのある「男」と言う生き物の象徴ではないでしょうか。」

下の写真、左が浜田謙さん(Bros Japan 代表取締役福井県鯖江市)、中央が田中幹也さん(田中眼鏡 代表取締役)。9月9日鯖江市田中眼鏡さんにて

f:id:katchamans:20130909162525j:plain

 

鯖江市の女神!竹部美樹さん(NPO法人エル・コミュニティ 代表)は浜田さんの魅力をこう語っています。

「浜田さん ・スマート ・眼鏡へのこだわりが熱い ・やさしい!一見恐そうに見えるけどとにかく優しい! 浜田さん、どうしても、女性好きというのがすぐ思い浮かんでしまいます(笑)  スマート→女性への対応が本当にスマート、ジェントルマン!ということですw」

昔からの仲の岩崎サトシさん(ウォンツ 代表取締役社長は浜田さんの魅力をこう語っています。

「浜田さんは、地元福井県鯖江市の主産業であるメガネ業界の、最も注目すべきお一人です。

浜田さんの人柄と、そのお仕事ぶりから受ける印象は「繊細さ」「理想を描く想像力の豊かさ」「仕事への厳しさ」ではないでしょうか。

現在、彼が代表を務められるブロスジャパンさんは、ご夫妻のたった二人で経営をされていますが、その事業スケールは社員数の規模を遥かに上回っています。これは、決して個々の業務処理能力の高さだけでカバーできるものではありません。

私の想像では、浜田さんの前職時代ーーー某大手食品メーカーで千人規模の部下を統括されていたご経験が活きているのではないかと思います。

社外パートナーと連携しながら大きな事業を展開し、それを成功へと導くためには、

・目の前の事実を前提とした構想ではなく、枠を飛び越えて「大きな理想像を描く想像力」

・その理想を実現するために、目の届かない範囲まで「穴」を予想し、先回りしてふさぐだけの「繊細さ」と「厳しさ」

この3つが必要不可欠です。そしてこれは、現場の指揮官であるリーダーにとっても欠かせないものであることは、皆さんもご存知の通りだと思います。浜田さんのご活躍から、彼のその類いまれな能力と才能を感じずにはいられません。

そしてもう一つ、浜田さんが浜田さんであるための重要な要素は、人の心にすっと入り込んでしまう「少年のような笑顔と眼差し」「屈託のないトーク」にあると思います。ちょっと「ずるいよなぁ…」と思ってしまうほどに(笑)」

一緒にプロジェクトを手がけているVIVA JAPAN 代表取締役 浜田寿人さんは浜田さんの魅力をこう語っています。

「かっちゃんの紹介だということもある。何も考えずにストレートにお話しをした。僕らは出会ってから小雨の中コーヒー屋さんを探して話し込んでしまった。浜田さんを語るときに僕なりには3つの思いがある。ひとつは大手食肉会社で自分なりの思いを持って辞めたということ、僕も同じような思いで食に携わっているからとても心に響いた。2つめは彼のボートで海に出て、停泊して飲んだ紅茶がマルコポーロだったこと。3つめは同じ名字ということ。意外に浜田姓は浜田という名字の人間に会うチャンスが少ない。僕はまだ浜田さんのことを語るには日が浅すぎて、多くを語る資格も情報もないのだけど、なかなか船の上でマルコポーロを淹れてくれる日本男児も少ない。その熱い心とストレートなセンスに乾杯なのである。」

下の写真は2013年3月31日。浜田さん(Bros Japan)の船上にて。場所は九頭竜川の下流。VIVA JAPAN 代表取締役 浜田寿人さんは写真左。

f:id:katchamans:20130331135934j:plain

下の写真は浜田さんご夫妻。9月9日鯖江市田中眼鏡さんにて

f:id:katchamans:20130909162702j:plain

下の写真 前列、梵の加藤夫妻、後列左から優子さん(謙さん夫人)、謙さん、石窯料理研究家 佐々木京美さん 5月10日佐々木京美さん宅にて

f:id:katchamans:20140510200753j:plain

心から浜田さん夫婦を応援しています!LOVE!