読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team♡KATSUYA ラブログ

勝屋 久 & 勝屋 祐子

竹部美樹さん(NPO法人エル・コミュニティ 代表:福井県鯖江市)- この地!この人!

年に1回鯖江東京大学京都大学慶應大学、早稲田大学などの熱量の高い大学生が集まってきます。(僕も今年初めて参加しましたが、かなり熱い学生さんばかり。。。)

なぜ、鯖江に熱い大学生がきているか?

それは2泊3日の鯖江市地域活性化プランコンテストに参加するためです。日本中によく地域活性化プランコンテストは存在すると思いますが、鯖江市が他と違うところは「市長をやりませんか?」というコンセプトで良いアイデアがあれば、市長もコミットし、市が実行するところです。
今年で6年目の鯖江市地域活性化プランコンテストで鯖江市活性化の1つのムーブメントになっています。(その様子は finder 鯖江に記載されています。)

この仕掛人竹部美樹さん(NPO法人エル・コミュニティ 代表:福井県鯖江市)です。竹部さんとは福野泰介さん(jig.jp 代表取締役社長)のご縁で5−6年前に出会いました。何回もkatchaman鯖江ツアーを一緒にやらせていただいてます。竹部さんは鯖江市出身、実家は鯖江市の商店街で地場最大の家電を取り扱う会社。大学を卒業して、ITベンチャー企業のドリコムへ。その後新卒採用コンサル会社を経て、独立してNPO法人エル・コミュニティを立ち上げました。

下の写真、右から鯖江市CIO牧田さん、竹部さん、鯖江市長の牧野さん。鯖江の商店街のラテンポにて。

f:id:katchamans:20130222172314j:plain

僕から見た竹部さんの存在を一言で表すと「想いのあるカッコいいお姉さん!」(すみません!竹部さんより年齢がかなり上の僕がいうのはなんですが。。。)ステキなところはたくさんあります。

・地域活性化プランコンテストなどにかける想いが純粋で超熱い!

・エネルギーが出まくっている人たちをとりまとめる力がある!

・行動力がスゴい!

・巻き込み力がはんぱない!

・細かい所も気づくし、頼りになる!

・コトバの一つひとつに愛を感じる! などなど枚挙にいとまがありません。

若い人たちだけでなく、年配の人たちにも幅広く親愛され、愛されている方です。学生さんの間ではファンが拡大中。

 

長年活動を共にしている福野泰介さん(jig.jp 代表取締役社長)は竹部さんの魅力をこう語っています。

「地元への強い思いと行動力。強い鯖江市への思いが多くの人を動かし、県内外の多くの学生が集まる企画の実現につながっている。しかも、その取り組みが日本中へと飛び火!」

2013年7月 銘酒「梵」の加藤社長宅にて。後列左から2番目が福野さん、後列一番右が竹部さん

f:id:katchamans:20130703230839j:plain

 

日本全国で活躍している矢島里佳さん(和える(aeru)代表取締役慶應大学大学院在学中に鯖江市地域活性化プランコンテストに参加。前々回の優勝者)は竹部さんの魅力をこう語っています。

鯖江のこと鯖江の人々を心から愛しているのが、まっすぐに伝わってきます! 面倒見が良く、みんなのお姉さん^ ^ 鯖江と他の地域や人々のご縁をつなぐ大切な存在」

塩川徳也さん(総務省、東大在学中に鯖江市地域活性化プランコンテストに参加。第一回の優秀賞受賞。メンター役として当プログラムに参加。)は竹部さんの魅力をこう語っています。

竹部さんは、例えるなら"鯖江の玄関"。ヨソモノを鯖江に迎え入れる入口でもあり、鯖江の学生がソトの世界へと飛立つ出口でもあり。 竹部さんがそのように鯖江の内と外を繋ぐ拠点になっているのは、ひとえに、鯖江や学生に対する竹部さんのハンパない熱意と愛が、皆を引き寄せるからなんでしょう。 鯖江はみんな魅力的な方ばかりですが、とりわけ竹部さんは「学生のホンキに応えてくれるまち鯖江」の立役者です。今後ともお世話になりやす!

下の写真は2011年佐賀ツアーをしたときの写真、一番左が塩川さん、一番右が竹部さん

f:id:katchamans:20111203193505j:plain

 

学生時代から竹部さんの友人の大谷梨絵さんは竹部さんの魅力をこう語っています。

「彼女の、飛び抜けたフットワークの軽さと忍耐強さを合わせ持っているところは本当に素晴らしいと思います。地元の活性化という目的を持ち、地元は勿論、県外にも精力的に出かけ、様々な人にアドバイスや協力を求めながらどんどんネットワークを強くして、地元に貢献されている彼女。雪国福井に住む人が持つ忍耐強さは、時に行動に慎重になり、消極的になる欠点がありますが、彼女は積極的に行動もし、その結果は急がず辛抱強く待てるという珍しいタイプ。その面倒見の良さと頑張りから、年下年上を問わず皆から愛されています。」

 2010年に鯖江ツアーをしたときの写真。右から2番目が竹部さん、一番左が大谷さん

f:id:katchamans:20130925084717j:plain

 オープンガバメントを支える鯖江市CIOの牧田泰一さんは竹部さんの魅力をこう語っています。

「竹部さん、普段は控えめな女性ですが、鯖江や学生のこととなると、それこそ変身します。目標や課題に向かう緻密な計画力、俊敏な行動力、学生を巻き込む巧みな人心掌握、そして、繊細な気配り。今年で、6回目となった鯖江地域活性化プランコンテスト、メガネギネスに挑戦、オープンガバメンサミットなど、彼女の足跡は、すごく大きいです。今年も11月16日さばえIT推進フォーラム「オープンガバメントサミット2013」、竹部さん、頼りにしてます。」

心から竹部さんを応援しています!

LOVE! SABAE COMMUNITY!