読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team♡KATSUYA ラブログ

勝屋 久 & 勝屋 祐子

吉越輝信さん (SAPジャパン ネクストイノベーションデベロップメント シニアマネージャー)- この地!この人!

ITとからむ主要な大手企業にはその企業の顔となるベンチャーイノベーションのご担当の方がだいたいいます。例えば、マイクロソフトでいえば砂金信一郎さんさん、IBMでいえば正木大輔さん富士通でいえば徳永奈緒美さんフジテレビでいえば種田慶郎さん、、、のように。SAP(エスエーピー)ジャパンにもキラッと輝くご担当の方がいましたそれが吉越輝信さんです。

下の写真、左から吉越輝信さん (SAPジャパン ネクストイノベーションデベロップメント シニアマネージャー)、笹本力さん(SAPジャパン CSRリーダー)、長澤瀬奈さん(SAPジャパン 社長室/CSR)、濱本秋紀さん(SAPジャパン)、竹部美樹さん(鯖江 エル・コミュニュティ代表理事)

f:id:katchamans:20150723140853j:plain

吉越さんのミッションはネクストイノベーションデベロップメント。彼のコトバで言うと日銭稼ぐ以外の数年、10年先のビジネスの種を探す仕事だそうです。実際にはアマゾンAWSとの協業、フォーカス地域の活動(鯖江)、スポーツ等々での取り組みをしているそうで、オープンイノベーションやスタートアップ応援サポートという切り口でSAPご自身のイノベーション起爆剤としての、アントレプレナーなどイノベーションを渦をつくる人たちとの協業を展開しています。書ききれない程活動しているので、興味ある方は下をご覧下さい。

www.atmarkit.co.jp

www.sapjp.com

そして、すごいと思ったのはローカルからグローバルへという視点があること。僕は外資系に勤めていたので実感するのですが、通常はグローバルイニシャティブといって、世界戦略を各国に落とします(今は個人的にコントロールをする/される違和感があります)。SAPグローバルの方向性に合わし、手法はローカルで最適な形を導き出すことにフォーカスしているのです。グローカル!という独自キーワードで推進しているとお聞きしました。

最近、吉越さんと話す機会がありました。わかりやすい言葉でコミュニュケーションをベースにものすごく純粋に語る姿は僕の心も動かされました。

吉越さんという存在を言葉に表すと『信頼と情熱』です。

また、鯖江のすばらしいエネルギー渦をつくるNPO エル・コミュニュティ 代表理事の竹部美樹さん吉越さんの素晴らしさをこのように表現しています。(そのままコピペ掲載)

【あれ? 鯖江の人じゃないんでしたっけ?と勘違いするぐらい鯖江に馴染んでいる『さばえブランド大使』吉越さん。
たった数時間のミーティングのために東京から鯖江に足を運んでくれたり、Face to Faceを大事にしてくれています。 だから信頼もできるし、鯖江の動きを瞬時に察知して新たな提案をしてくれます。鯖江に合った、私たちの意向に沿ったアイデアをくれます。
一見イケイケに見えますが、腰も低いし丁寧だし。誰とでも気さくに話してくれるので学生達もみんな大好きです。 吉越さんが鯖江に来てくれる度にいい流れができていて、感謝しかありません。 鯖江でのSAPさんのイメージがどんどん上がってると思いますが、すべては吉越さんの人柄が成した技ですね。 今後とも宜しくお願いします!】

下の写真、左から吉越輝信さん (SAPジャパン ネクストイノベーションデベロップメント シニアマネージャー)、竹部美樹さん(鯖江 エル・コミュニュティ代表理事)

f:id:katchamans:20150723141045j:plain

鯖江に本社があるjig.jp 代表取締役社長の福野泰介さんは吉越さんのことをこう捉えています。
【超巨大企業と日本のベンチャー企業とのコラボ企画で初めて出会った吉越さん、最近はなぜか高専生や、こども向けのイベントでよくご一緒します。吉越さんの提案する「のび太くん」になろう論がとても印象に残っています。何の制約もない自由な発想から始まるストーリー。地域と世界、こどもと大人、メガネとIT、今までにないつながりが生むオープンイノベーション、ぜひ一緒に追求し続けていきましょう!】

鯖江市職員鯖江市政策経営部情報統括監の牧田泰一さんは吉越さんをこう表現をしています。
【吉越さんのすばらしいところは神出鬼没で日本国内だけでなく、世界をまたにかけ、twitterfacebookでリポート、なぜか鯖江に毎週のように日帰りで来られている。フレンドリーで、誠市、ご縁市など鯖江のイベントにもなにげなく溶け込んでいる。
世界のニシコリ選手、国枝選手と友達、ワールドカップでドイツをそのIT技術で優勝させたグローバル企業SAPの社員、でも仕事が何かわからないw 】

そして、牧田さんから吉越さんの鯖江での活動の一部を下記のとおり教えて頂きました。
昨年からJK課のサポーター
昨年、未来創造フォーラム(4回IT推進オーラム)のプレゼンター
昨年12月 デザインシンキング運営
今年5月 ウェアラブルアプリコンテストの最終選考、発表者
昨年から IchigoJamでのプログラミング講座、講師、支援
他にもマル秘プロジェクトも含め、いくつかあるそうです。

なんか、すごい人だ!

今の時代は新しい事(ビジネス含めて)をするにはどうしたらよいか誰も解をもっていないと思います。
行動するか?オモシロい渦をつくる人とつながり活動するか?が鍵と感じています。
そして、行動した人、チームにしか新しい道筋へのチケットをゲットできません。
吉崎さんの行動の先にはまだが見えないなにかを感じます。それを信じて動く吉越さんは素晴らしいと思います。僕もIBM時代に似たような動き方をしていたのでとても愛着も感じます。

心から吉越さんを応援したいと思います!LOVE!

f:id:katchamans:20150723140954j:plain