Team♡KATSUYA ラブログ

勝屋 久 & 勝屋 祐子

バリ島にある超エコの学校『Green School』を訪問しました!(その2)

 『Green School』に興味がある方はぜひ創始者 ジョン・ハーディさんのTEDのスピーチをご覧下さい。

www.ted.com

前のブログでもご紹介した美しい竹の建造物も印象的でしたが、一番は子供達の笑顔と発するエネルギーが印象的でした。(子供達の画像は撮影できなくて、それをうまくお伝えできませんが。。。)

それから、再生可能エネルギーを活用しているのも印象的でした。下の写真は太陽光パネル、支えは竹でできています。(GEが支援したとネットの記事で見ました。)

f:id:katchamans:20150825161308j:plain

乾季は太陽光発電雨季は小水力発電を活用し、学校でまかなう電力すべてを供給しているそうです。

そして、トイレはすべて堆肥トイレ。ここで堆肥になり、無農薬自然農法の栽培に活用するそうです。

f:id:katchamans:20150825162922j:plain

子供達はどんなところで勉強をするのか?とっても興味ありました。

ここが入り口です。特別に中に入らせて頂きました。

f:id:katchamans:20150825161512j:plain

f:id:katchamans:20150825161752j:plain

竹の机と椅子がとても美しかったです。そして、中は以外にも自然光で明るく、風のとおりも良かった。

f:id:katchamans:20150825161728j:plain

そして、黒板も竹!

f:id:katchamans:20150825162426j:plain

壁には行動規範のようなものが書かれていました。

f:id:katchamans:20150825162108j:plain

f:id:katchamans:20150829221902p:plain

このクラスは24人の生徒に4人の先生が担当している。世界中から『Green School』の先生になりたくてたくさんの応募があるそうです。

校内にはオモシロい場所がたくさんあります。ここは何をするところと思いますか?

f:id:katchamans:20150825163725j:plain

レスリングをする場所です。親子一緒になってすることもあるそうです。

f:id:katchamans:20150825163800j:plain

そして、食べる物も決められたもの食べるのではなく、子供達の意志で選択するようになっています。そして、すべてオーガニックです。

生みたて卵!

f:id:katchamans:20150825165506j:plain

獲れたてのトマト

f:id:katchamans:20150825165514j:plain

ここがカフェ

f:id:katchamans:20150825165800j:plain

尾原さんにオーガニックのチョコレートと果物をごちそうしていただきました。このチョコ、超美味しい!

f:id:katchamans:20150825155112j:plain

尾原さんは生ウコンジュースを飲みました。

f:id:katchamans:20150825155121j:plain

ここは調理場。写真ではよく見えませんが。。。

f:id:katchamans:20150825164939j:plain

これはピザ釜

f:id:katchamans:20150825164913j:plain

小さいなショップもありました。

f:id:katchamans:20150825165121j:plain

f:id:katchamans:20150825165445j:plain

尾原さんにkatchamanが好きそうな場所と案内頂いたのはここ!

中央にあるのは水晶!ヒョエー!!!

f:id:katchamans:20150825164814j:plain

そして、勿論、このポーズ!

中央が尾原さん、左は祐子さん、右がkatchaman

f:id:katchamans:20150825164628j:plain

甥っ子の中学3年生の有冴くんともつながっちゃおうポーズ。有冴くんもかなり刺激があった様子でした。

f:id:katchamans:20150825153539j:plain

教育とは何を考えさせられる時間でした。そして、教育の可能性も感じました。そのためには教育という言葉の再定義(自分の中の観念。世の中が行っている教育)だと確信しました。

尾原さん、貴重な体験をありがとうございます!

皆さんも機会がありましたら、ぜひ見学してみてくださいね。