読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team♡KATSUYA ラブログ

勝屋 久 & 勝屋 祐子

新入社員に対するメッセージ

katchaman insight Akatsuki

4月1日に応援団長 兼 社外役員をしている(株)アカツキの新入社員 26名にお話をする機会がありました。

話すその場に立ったら、メッセージがおりてきて(いつも事前に考えて話してなくw こんなふうにその場で話しだしちゃう事が多いです。)しゃべりだしました。

f:id:katchamans:20160401150913j:plain

どんな内容かというと一言でいうと

「涙を流せる仕事をやろう!」

です。

https://www.instagram.com/p/BD1hUwekW5o/

Instagram

先月は2度、仕事で涙を流しました。号泣です。
このときはうれし涙で、
・関わった全員が成長して、形をつくったこと。
・仲間の大切さを実感したこと。
・ひとり一人の愛をストレートに感じたこと。
・全員のステージ(エネルギーレベル)が上がったこと。
・心と心がつながったこと。
で胸がきゅんとなりました。

皆さんに伝えたいのはこういったうれし涙だけでなく、くやし涙、悲しい涙、苦しみの涙、怒りの涙、泣ける仕事ができなくて泣く涙、、、もうなんでもいいのです。泣ければ。

涙を流す本質には目に見えない大切なことがあり、機械ではできなくて、人間しかできない尊厳的なことがあると思います。

昔、母親に「泣くな。男なら。」といわれた記憶を想い出しました。

いまなら、はっきり言えます。

「泣いていいんだよと!」「バンバン、泣いちゃおう!」

そして、涙は感情や情熱を凝縮しているもの なんだと思います。

泣いた人のその感情がテーブルの上に置かれれば、そのテーブルに座っているみんなは泣いた人をより、理解できるし、本音で話すきっかけになり、本質的な課題も掴めたり、分かち合いが進み、信頼関係が生まれます。

いいことだらけなんです。泣く事は。

あとは、泣く勇気が必要なだけ。

すべての新入社員のみなさん、泣ける勇気が備わり、泣ける仕事ができますようにお祈りしています♡

僕もこれからもバンバン泣ける仕事をやっちゃうよ〜

先月、KATSUYA♡学院 最終回で号泣する直前(かな?)のkatchaman

f:id:katchamans:20160405231952j:plain

https://www.instagram.com/p/BD1goPUkW4l/

#akatsuki

f:id:katchamans:20160405223847j:plain