Team♡KATSUYA ラブログ

勝屋 久 & 勝屋 祐子

スコットランド&イギリス リトートの記録 その⑥

5月24日(木)《7日目》 

(バイブリーにて)

f:id:katchamans:20180525165149j:image
小雨で寒い朝ではじまりました。晴れるかどうかで気温差が激しいです。

宿泊ホテルCharingworth Manorで定番のイギリス朝食プレートを食べたあと、田園風景が広がるコッツウォルズ地方は思いっきり、満喫しました。 

イギリス定番朝食

f:id:katchamans:20180526073936j:image

コッツウォルズ地方には、丘陵地帯に小さな街や村が点在しており、特徴的なのは下の写真(バイブリーの家並)のように、この地方でとれるハチミツ色をした加工しやすい石灰岩が家に使われていて、美しい色合いとなっています。

f:id:katchamans:20180526082102j:image

f:id:katchamans:20180526073707j:image

f:id:katchamans:20180526074247j:image

最初に訪れた街は宿泊したホテルのそばのチッピング・カムデン(Chipping Camden)へ。新しい丘にできたマーケットという意味の町の名前で中央部にマーケットホール(跡地)があります。

f:id:katchamans:20180526084005j:image

ここがマーケットホール跡

f:id:katchamans:20180526074634j:image

散策中に見つけた美しいお花

f:id:katchamans:20180526075054j:image

全ての家が統一された色や形で一体感があるのですが、それぞれの家の個性もあって、素敵だなと思いました。(この地域はどこもそうです。)

次に訪れた街はボートン・オン・ザ・ウォーター(Bourton on the water)。リトルベニスともいわれるくらい水が豊かで、小川にかかるアーチ状石橋が家並と田園風景とマッチして、美しい景観になっています。昨日までとは違い、気温が下がり、肌寒かった。

f:id:katchamans:20180526084137j:image

f:id:katchamans:20180526084208j:image

散策後のランチはThe Dial Houseで豆のスープ、鱒のグリル、フルーツサラダを頂きました。豆のスープで体がすっかりあったまりました。

f:id:katchamans:20180526075237j:image
f:id:katchamans:20180526075248j:image
f:id:katchamans:20180526075242j:image

f:id:katchamans:20180526075313j:image

次にバイブリー(Bibury)という村へ行きました。嬉しいことに雨が上がって、気温も上がり、快適に散策できました。

f:id:katchamans:20180526084337j:image
f:id:katchamans:20180526084348j:image
f:id:katchamans:20180526084332j:image

こちらのフットパス(自然の中を歩ける小路)もナショナルトラストが周辺景観の保全をしています。
f:id:katchamans:20180526084343j:image

精霊のいる村ともいわれるくらい、めちゃくちや気がよいところでした。昔から変わらぬ家並と自然が調和されていて、時間の流れがゆっくりと進み、人間の本来の心地よくなる時間の流れるスピードとシンクロしてきて、癒されます。ここはまた訪れたい村だし、超おすすめしたい村でもあります。

そして、この村にあるThe Swan Hotel(下の写真 正面奥)でクリーム・ティー(紅茶とスコーンのセット)を頂きました。

f:id:katchamans:20180526075507j:image

アフタヌーンティーの後はバスでコッツウォルズ地方最南端の都市バース(Bath)へ。約2時間かかりました。さくっと18世紀三日月型のアパートメントのロイヤルクレセントをみて、宿泊ホテルHilton Bath Cityにチェックイン。

その後すぐ(18時過ぎ)クルマをチャーターして、1時間半かけて、グラストンベリー (Glastonbury)へ。ここは以前に写真をみて、とても印象に残っていて前から行ってみたかったところ。パワースポットとしても有名な場所。

まず、チャリス・ウェル&ガーデンズへ行ったが、閉館。。。あらら、、ここの聖なる泉でお水を汲ませていただこうと思ったのに、、、期待すると、裏切られますね。

f:id:katchamans:20180526075723j:image

その後は今回の目的地のグラストンベリー ・トーへ。麓のフットパス(自然の中を歩ける小路)の入り口まで車で登り、その後は小雨と霧の中を歩きました。ここもナショナルトラストが周辺景観の保全をしていました。

f:id:katchamans:20180526080121j:image

途中に羊の放牧場を通ります

f:id:katchamans:20180526084615j:image
f:id:katchamans:20180526084621j:image

f:id:katchamans:20180526081052j:image

だんだんと頂上へ近きます

f:id:katchamans:20180526080538j:image

あとちょっと!

f:id:katchamans:20180526081117j:image

頂上到着!麓から徒歩約10分くらい。

頂上には14世紀ごろに建てられた神秘的な聖ミカエルの塔(礼拝堂跡)があります。

ここはなんとも言えない心地よさ!

エネルギーが天から首あたりから背中にかけて真っ直ぐにズドーンと入った感覚がありました。

f:id:katchamans:20180526081348j:image

f:id:katchamans:20180526081502j:image f:id:katchamans:20180526081508j:image
周囲が霧に包まれて、幻想的な世界に入りました。そして、ゆうちゃんとふたりでとても不思議で素晴らしい体験をしました!
f:id:katchamans:20180526081457j:image

そして帰り道にホワイト・スプリングという聖なる御神水を組ませて頂きました!願いが叶った♡

f:id:katchamans:20180526082135j:image
f:id:katchamans:20180526082146j:image
f:id:katchamans:20180526082140j:image

グラストンベリー・アビー(Glastonbury Abbey)は閉館でした。

f:id:katchamans:20180526093116j:image

ドライバーのジョンさんが帰りチェダーゴージェケーブ(Cheddar Gorge&Caveという景色のよい場所へ連れって行ってくれました。残念ながら、絶景は見れませんでしたが素敵な感じのところでした!

f:id:katchamans:20180526085126j:image
f:id:katchamans:20180526085121j:image

そして、22時前にホテルに戻りました。

今晩の夕食はきつねどん兵衛!

こんな時には頼りになるカップ麺です。

スコットランド&イギリス リトートの記録 その⑤

5月23日(水)《6日目》

(シェイクスピアの妻のアン・ハサウェイの家にて)

f:id:katchamans:20180524065651j:image

今日も天気抜群!快晴!

チェスターを朝出発。バスで約3時間かけて、シェイクスピアの生家・永眠の場所、ストラットフォード・アポン・エイボンへ。

出発前にチェスターのホテルの前で

f:id:katchamans:20180524070152j:image

ストラットフォード・アポン・エイボンにあるシェイクスピアの生家の前で。この街に毎年50万人の観光客が訪れるといいます。
f:id:katchamans:20180524070149j:image

到着したら、ランチタイム。The White Swan Hotelでキヌアとビーツのサラダ、フィッシュ&チップス、イチジクのタルトとシナモンアイスクリームを頂く。

f:id:katchamans:20180524070634j:image
f:id:katchamans:20180524070638j:image
f:id:katchamans:20180524070643j:image

f:id:katchamans:20180524072125j:image

ランチ後はエイボン川沿いを散策

f:id:katchamans:20180524070952j:image

f:id:katchamans:20180524071129j:image

シェイクスピアと家族が埋葬されているホーリートリニティ教会へ

f:id:katchamans:20180524072045j:image
f:id:katchamans:20180524072041j:image
f:id:katchamans:20180524072049j:image
f:id:katchamans:20180524072036j:image

その後はシェイクスピアの妻のアン・ハサウェイの家へ。ここのイングリッシュガーデンは美しかった!この家でシェイクスピアとアンは結婚前に住んでいた。シェイクスピア18歳、アン26歳でできちゃった婚。400年前から13世代住んでいた家。アンの実家は牧羊家であった。

f:id:katchamans:20180524072644j:image
f:id:katchamans:20180524072648j:image
f:id:katchamans:20180524072636j:image

桜の花も咲いてました
f:id:katchamans:20180524072640j:image

幼少期まで過ごしたといわれるシェイクスピアの生家。今も当時のまま、キッチンや寝室、居間などを見ることができ、シェイクスピアの時代の中流階級の生活がイメージできます。

この場所でシェイクスピアは生まれたという。

f:id:katchamans:20180524073936j:image

f:id:katchamans:20180524074008j:image

観光後は今日の宿泊ホテルはCharingworth Manorというマナーハウス(貴族の屋敷をそのまま宿泊施設にした)。趣が抜群なところてんす。

f:id:katchamans:20180524075856j:image
f:id:katchamans:20180524075933j:image
f:id:katchamans:20180524075906j:image
f:id:katchamans:20180524075941j:image
f:id:katchamans:20180524075846j:image
f:id:katchamans:20180524080413j:image
f:id:katchamans:20180524075851j:image
f:id:katchamans:20180524075937j:image

ディナーはこのホテルで。とっても美味しかったです。

f:id:katchamans:20180524081318j:image
f:id:katchamans:20180524081335j:image
f:id:katchamans:20180524081330j:image
f:id:katchamans:20180524081322j:image

この地域はイングランド中央部に位置し、コッツウォルズ 地方といい、イギリスの人が老後に住みたい街として、人気の場所。まさにハート・オブ・イングランド♡

明日はいよいよ、ゆうちゃんが好きなボートン・オン・ザ・ウォーターやバイブリーへ行きます!そして、僕が前から行きたかったばしへも!

 

 

 

スコットランド&イギリス リトートの記録 その④

5月22日(火)《5日目》

(チェスター大聖堂の中庭にて)

f:id:katchamans:20180523012647j:image

今日も良い天気!

湖水地方を後して、約2時間ほどバスに乗り、イングランドで最も中世の面影を残すチェスター(Chester)へ。

到着後のランチはCrabwall Manor Hotel&SPAでミックスサラダ、コテージパイ、アップルパイ&アイスクリームを頂く。ここは1660年に遡る歴史的なマナーハウス(貴族の屋敷をそのまま宿泊施設にした)を利用したホテル。

コテージパイとアップルパイ。まさにパイ三昧!コテージはイギリスの伝統的家庭料理で煮込んだひき肉とマッシュポテトとの相性は抜群。ビールに合う!アップルパイも美味しかった!

f:id:katchamans:20180523013013j:image f:id:katchamans:20180523013036j:image

f:id:katchamans:20180523013055j:image

ランチ後はチェスターの街の散策。チェスターは遥かローマ時代まで遡る古い歴史を持つ城塞都市で木組みの商店街(ロウズ)やチェスター大聖堂があります。

こちらがロウズ。2階部分もつながっていてユニーク。チューダー王朝時代の白、黒の木組みの家並みが美しい。

f:id:katchamans:20180523051121j:image

f:id:katchamans:20180523013715j:image
f:id:katchamans:20180523013702j:image

イギリスのポストは可愛らしい。
f:id:katchamans:20180523013710j:image

f:id:katchamans:20180523014320j:image

城壁も歩けます!

f:id:katchamans:20180523014218j:image

ローマ時代の遺跡があるところ

f:id:katchamans:20180523014347j:image

f:id:katchamans:20180523014437j:image

街で見たかわいい絵

f:id:katchamans:20180523014501j:image

チェスター大聖堂はよかった!

f:id:katchamans:20180523014745j:image f:id:katchamans:20180523014806j:image

f:id:katchamans:20180523014707j:image

この銅像をみて、男性性と女性性が統合され、豊かさを創造する!とゆうちゃんが言ってました。

f:id:katchamans:20180523014853j:image

ステンドグラスが太陽とコラボして、七色の光を生み出している!

f:id:katchamans:20180523014645j:image

f:id:katchamans:20180523015134j:image

f:id:katchamans:20180523015311j:image

今日の宿泊ホテルThe Chester Grosvenor(チェスター・グロヴナー)の前で

f:id:katchamans:20180523015417j:image

f:id:katchamans:20180523015443j:image

ディナーは宿泊ホテルにあるSimon Radleyで前菜、鴨のグリル、デザート(サフランケーキ、ピスタチオなど)

f:id:katchamans:20180523051307j:image
f:id:katchamans:20180523051300j:image
f:id:katchamans:20180523051255j:image
f:id:katchamans:20180523051251j:image

久しぶりにドレスコードのため、ネクタイをw

f:id:katchamans:20180523051211j:image

ところで、このホテルではトイレはクラークルームといいます。まじでわからず、トイレを探しまくりました(汗w)。英国ではそういう呼び名もあるようです。

f:id:katchamans:20180523162741j:image

明日はシェイクスピアの生家があるストラットフォード・アポン・エイボンとコッツウォルズへ。

 

 

 

スコットランド&イギリス リトートの記録 その③

5月21日(月)《4日目》

(ピーターラビットの作者が住んでいた家〈ヒルトップ〉の前にて)

f:id:katchamans:20180522054231j:image
今日もいい天気です。

しかし、友人の登山家 栗城さんの悲報を知り、2人して、涙。言葉にできない、まだとても信じられる状態でなく、やり場のない気持ちで一杯、、、

栗城さんのことを心で感じながら、朝から湖水地方を廻りました。

まず最初にウィンダミア湖の東に位置するフォークスヘッド(Hawkshead)の街へ行き、散策。ワーズワースが通った北イングランドで優秀な生徒が集まったという旧グラマースクールの敷地やワーズワースの小路を歩いた。

f:id:katchamans:20180522054743j:image

f:id:katchamans:20180522055010j:image

f:id:katchamans:20180522054908j:image

その後は小さいシャトルバスに乗り換えて、ニア・ソーリー(Near Sawrey)村へ。ここにはピーターラビットの作者のビアトリクス・ポターが所有していた農場と家【ヒルトップ】あり、見学をしました。周囲の風景は本当に美しかったです。ここには100年前と変わらぬ美しい景色があるといいます。

f:id:katchamans:20180522060311j:image

ヒルトップの入り口

f:id:katchamans:20180522060512j:image

ポターの自筆
f:id:katchamans:20180522060517j:image

ポターの写真とピアノ
f:id:katchamans:20180522060504j:image  f:id:katchamans:20180522060523j:image
f:id:katchamans:20180522060508j:image
f:id:katchamans:20180522060500j:image

【ナショナル・トラスト】

19世紀産業革命で自然が加速度的に失っていく流れの中、国民のために、国民自身の手で大切な自然環境という資産を寄付や買い取りなどで入手し、守っていく

「ナショナル・トラスト」が発案され、活動にいたりました。発案者の1人がポターで、彼女の印税で湖水地方の14の農場を買った。

f:id:katchamans:20180522060742j:image

ヒルトップを堪能したあとはウィンダミア湖の北にあるアンブルサイド(Ambleside)へ。ここも美しい街でした。

f:id:katchamans:20180522060956j:image
f:id:katchamans:20180522060951j:image

橋の上の石積みの家を見学。

f:id:katchamans:20180522061140j:image

その後フェリー乗り場があるボウネス(Bowness)にあるMacdonald old England Hotel&SPAでランチ。スープ、カンバーランドソーセージ、スティッキートフィープディング、アイスクリームを頂く。

f:id:katchamans:20180522061357j:image
f:id:katchamans:20180522061353j:image
f:id:katchamans:20180522061349j:image

ランチ後はボウネスの街を散策して、ウィンダミア湖のクルーズ。ボウネスからレイクサイドまで45分水上の旅をした。

ボウネスの教会

f:id:katchamans:20180522061428j:image

ケルト十字発見!

f:id:katchamans:20180522061452j:image

そして、レイクサイドから18分間の蒸気機関車の旅を体験。ハーバスウェイト(Haverthwaite)駅まで60年前に使っていた客車でノスタルジックな旅は楽しかった。

f:id:katchamans:20180522061847j:image

車内にて

f:id:katchamans:20180522061910j:image

f:id:katchamans:20180522061927j:image

f:id:katchamans:20180522061958j:image f:id:katchamans:20180522062027j:image

f:id:katchamans:20180522062237j:image

そして、ホテルに戻り、周辺を散策して、ディナーはニューベイプリッジ(Newby Bridge)の近くにあるNewby Bridge Hotelでチキンテリーヌ、白身魚のヌードル添え、ラズベリーシャーベット、紅茶を頂きました。白身魚はかなりヘビーだったなぁ、、、

f:id:katchamans:20180522062334j:image

f:id:katchamans:20180522062420j:image

f:id:katchamans:20180522062440j:image

f:id:katchamans:20180522062737j:image f:id:katchamans:20180522062757j:image

今日は一日、湖水地方を堪能。栗城さんのことなどいろいろと感じながら、静かな時間を過ごしました。

湖水地方の自然は本当に美しい。水、緑、お花の色、鳥のさえずり、風の音、、、ゆったりした時間の流れを感じました。


ワーズワースやポターは自然や動物とつながり、自分を創造しながら、生きた人たち。彼らと栗城さんとも僕の中ではつながります。


自然を愛し、自然とつながることで自分を生き、詩や絵本、在り方をとおして、他者と共感しながら全うする姿。


心から、ワーズワース、ポター、栗城さんを尊敬し、感謝をしたいです。


ありがとうございます。

f:id:katchamans:20180522062627j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコットランド&イギリス リトリートの記録 その②

5月20日(日)《3日目》

(湖水地方グラスミアにて)

f:id:katchamans:20180521071727j:image

朝、エジンバラのホテルを出発。バスで約二時間半かけて、湖水地方へ。途中、スコットランドのイングランドとの国旗近くの街、グラトナグリーン(Gretna Green)で休憩し、湖水地方のグラスミア(Grasmere)のSwan Hotelでランチ。巨大ローストビーフとヨークシャープディングを頂く。

グラトナグリーンにて

f:id:katchamans:20180521063610j:image

こちらがSwan Hotel

f:id:katchamans:20180521063854j:image

巨大なローストビーフに圧倒。半分しか頂けず。。

f:id:katchamans:20180521063943j:image

f:id:katchamans:20180521064053j:image

ガーデンがお花でいっぱいでした!

f:id:katchamans:20180521064212j:image f:id:katchamans:20180521064241j:image

ランチ後、200年前に活躍した詩人ワーズワースが住んでいた家(ダヴ・コテージ)とワーズワース博物館を見学。ワーズワースが故郷の湖水地方をこよなく愛し、自然讃美の詩を数多く残し、イギリス王家から桂冠詩人の称号を与えられた人であることをはじめて知った。

f:id:katchamans:20180521064925j:image

この方がワーズワース

f:id:katchamans:20180521064958j:image

この部屋で自然のインスピレーションを言葉にしたそう。

f:id:katchamans:20180521065043j:image

実際に使っていた道具や妹さんが作った美しい生地。愛を感じます。

f:id:katchamans:20180521065130j:image f:id:katchamans:20180521065148j:image

湖水地方は緑が多くて、水や鳥の囀りの音がして、とっても心地よい場所。ワーズワースが自然とつながり、作品を残したことがよくわかる。

f:id:katchamans:20180521065438j:image

ワーズワースの言葉を調べてみました。

・自然は、それを愛するものの心を裏切ることは決してない。

・自分の愛に値する相手かどうか、考える前に愛せよ。

・習慣は、浅はかな人々を支配する。  

などいっぱいある。自然と関わることで何かを悟ったのでしょう。言葉に重みがあります。


その後はグラスミアの街を散策。ワーズワースのお墓がある聖オズワルド教会、近くにあるフットパス(自然の中を歩ける小路)を回る。

こちらがお墓

f:id:katchamans:20180521071859j:image

ここにもケルト十字が!

f:id:katchamans:20180521072048j:image

聖オズワルド教会

f:id:katchamans:20180521072125j:image

有名なセイラネルソンのジンジャーブレッドのお店

f:id:katchamans:20180521072209j:image

フットパスを歩いていたら、お花畑に遭遇♡

f:id:katchamans:20180521072242j:image

他にも素敵な場所がたくさん!

f:id:katchamans:20180521072509j:image

f:id:katchamans:20180521072918j:image

f:id:katchamans:20180521072523j:image

f:id:katchamans:20180521072559j:image

そして、バスでイングランド最大の湖、ウィンダミア湖の南に位置するレイクサイドへ。宿泊ホテルのザ・レイクサイドにチェックイン。夕食はここのホテルのレストラン。チキンやリゾットなどを頂きました。

f:id:katchamans:20180521072636j:image f:id:katchamans:20180521072659j:image

f:id:katchamans:20180521072723j:image f:id:katchamans:20180521072750j:image

明日は一日中湖水地方を満喫の予定です!

では、また!